先日、塩風呂について書きました。

今回は、お風呂の塩について、

さらに書いてみます。

塩風呂で健康に!

バスソルト(スクラブ)の作り方

1. 容器に天然の塩を入れる。⇒アレンジする。

(※精油を加える。

または、何か効果が倍増するものを加える)

2. 混ぜる。

できあがり。

『ソルトスクラブ』を作ってみた!

【ソルトスクラブ★レシピ】

塩+オリーブオイル

塩とオリーブオイルを混ぜる。

(割合・・塩1:オリーブオイル2)

 

塩+はちみつ

塩とはちみつを混ぜる。

(割合・・塩1:はちみつ2)

 

塩+ヨーグルト

塩とヨーグルトを混ぜる。

(割合・・塩1:ヨーグルト2)

ヨーグルトは毛穴の汚れを取って

きれいにしてくれるそうです。

 

注意

こすらずに、優しくなでるようにマッサージします。

使用したあとは、お湯は捨てて

しっかりと塩分を洗い流してください。

 

思ったこと。

これって、塩になにか良いものを混ぜて、

肌に塗るといいです、ってことです。

でも、どうなんだろう。

たとえば、ナメクジ。

ナメクジに塩を振りかけると、

苦しみ悶えながら小さくなっていきます。

塩には、脱水の作用があるからです。

 

料理で漬物を作るときにも、

始めに野菜に塩を振りかけてしばらく置いておくと、

野菜から水分が出てきて、

野菜がしんなりします。

 

私たちが、ケガをしたとき。

肌がすりむけたところに、

塩を振りかけたりすると、

染みてとても痛いです。

 

塩って、肌に塗って、

かえってしわしわになったりしないのかな。

塗ってマッサージなんかして、大丈夫なの!?

人の体には、皮膚があるので、

問題ないのかもしれませんが。

実際にやってみました!

オリーブオイルとはちみつがあったので、

試してみました。

混ぜます。

1:2の割合で作ると、

意外とどろっとやわらかいです。

お風呂に入ってから、左腕に、はちみつ&塩のペースト、

右腕にはオリーブオイル&塩のペーストをぬりました。

塩がざらっとしていて、痛い!

とてもじゃないけど、

がしがしとマッサージなんてできないです。

やさしくこすりました。

やっぱり痛い。

それに、匂いがハンパない。

はちみつやオイルにつけられた食材になった気がします。

そのまま、お風呂に入りました。

油がお湯の表面にぷかぷか浮いています。

お風呂から出ても、オイルが落ちないです。

仕方ないから、せっけんをつけてもう一度体を洗いました。

シャワーで洗い流します。

感想は、うーん。

こんなんやってる人、いるのかな。

はっきり言って、お風呂に塩を入れるのは良かったけど、

ソルトスクラブは個人的にはおすすめしません。

特に、オイル。

オリーブオイルが肌に残って、ぬるぬるします。

これが、しっとりしてるってことなのかな?

次の日、仕事が休みで本当に良かった。

このまま会社に行ったら、

「?なんか、油くさくない?」

そう言われそうです。

でも、いろいろな人がいて、

いろいろな価値観があるから、

きっと気にいる人もいるかもしれない。

興味のある方は、どうぞ。

『バスソルト』を作ろう!

『バスソルト』作り方

1. 容器に天然塩を入れ、精油を加える。

2. 混ぜる。

 

材料(約1回分)

天然塩 40g

お好みのアロマオイル(精油)

(3~4滴くらい)

容器

 

バスソルトの効果

塩風呂と、基本的には同じです。

 

デトックス(毒出し)

塩の浸透圧の効果で、体の中のいらないもの

(水銀等の有害金属と結びついた皮脂)が

汗と一緒に外に出されます。

 

美肌

あら塩に含まれているミネラル分には、

たんぱく質を溶かす効果があります(塩溶効果)。

この塩溶効果によって、

いらない角質や毛穴の汚れを取り除くことができます。

 

 保湿効果

天然の塩に含まれているミネラルには、

肌を保湿する効果もあります。

 

保温

塩は皮脂と結びつくことで

薄い膜のように皮膚を覆って

体の熱を閉じ込める(保温効果)働きもあります。

体の芯までじっくりと温めることができます。

 

血行の改善

塩は、体を温めて血行を良くしてくれます。

体が温まると血行が良くなり、

滞りがちな体のすみずみの神経にまで、

血液がいきわたるようになります。

 

発汗効果

天然の塩は、発汗作用を高め、体温を上昇させます。

汗をかくことで、肌の新陳代謝が良くなります。

体が暖まると、肩こりや冷えや腰痛等、

いろいろな不調の改善にもつながります。

まずは、体を温めることからです。

私の不調の改善例の話をします。

私は以前、ぎっくり腰が温泉で治りました。

その頃、私はすごく仕事も忙しくて、

物理的にも、精神的にも

変化が身の回りで立て続けに起こっていました。

そして、ちょうどゴールデンウイークに入ったころ。

「あれ、腰が、腰が痛い・・・?」

珍しくぎっくり腰みたいになりました。

全然動けないわけではないです。

なんとか動けます。

でも、とにかく腰が痛い。

たまたま、家族で温泉へ旅行に行く予定でした。

温泉に行って、

温泉にひたすら入りました。

そして温泉から帰ってきたら、

腰の痛みは治っていました。

昔から『湯治』っていう治療もあります。

湯治は、温泉宿にある程度長く滞在し、

温泉に浸かって病気を治そう、

という古くから日本にある方法です。

昔から続いているっていうことは、

それなりに理由があり、効果があるんだと思います。

身体を温めることは、健康に効果があるんだと

今回、身をもって体験しました。

 

ダイエット

普通のお風呂でも、

お風呂に入ったり出たりしていると、

カロリーが消費されます。

バスソルトが入っているお風呂では、

塩のおかげで、体がじっくり温まるため、

普通のお風呂より、さらにカロリー消費量が増えます。

その結果、ダイエットにも効果があります。

私の住んでいる栃木県の北部には、

日帰りの温泉施設が比較的多くあります。

その温泉にゆっくりと入り、

温泉から出た後に体重をはかってみると

1キロ近く体重が減っていることがあります。

(※その後、のどが渇くので、

ごくごくジュースを飲んだりすると、

すぐに体重はもとに戻ります)

リラックス

お風呂に入ること自体、リラックスします。

バスソルトを自分で作ると、

好きな香りのものを作ることができます。

好きな香りの入浴は、リラックス効果が倍増します。

 

お風呂におすすめアロマオイル

リラックス

ラベンダー

フランキンセンス

イランイラン

カモミール

 

寝つきをよくする

ラベンダー

ベルガモット

マジョラム

マンダリン

ネロリ

 

リフレッシュ

スイートオレンジ

ローズマリー

サイプレス

レモン

パイン

 

精神の疲れを取る

ベルガモット

ネロリ

カモミール

 

ホルモンのバランスを整える

クラリセージ

ゼラニウム

イランイラン

ローズ

 

デトックス

ジュニパー

サイプレス

 

森林浴気分

ヒノキ

サイプレス

ジュニパー

 

お風呂には不向きなアロマオイル(刺激が強いため)

シナモン

クローブ

フェンネル

タイム

ジンジャー

レモングラス

ペパーミント

ティーツリーオレンジ

グレープフルーツ

 

注意

『光毒性』

柑橘系(ベルガモットやレモン等)のオイルは、

『光毒性』があります。

肌に使用してすぐに太陽の光に当たると、

しみができることがあります。

使用後5~6時間は

日光(紫外線)を避けたほうがいいようです。

 

小さいお子さん

また、小さいお子さんには、アロマバスは注意して使います。

3歳未満はアロマバスは避けてください。

3歳以上の場合も、滴数は少なめにして、

状態を見ながら行うようにしてください。

 

妊娠中

妊娠中のアロマオイルの使用は、

特に注意が必要です。

妊娠の時期(初期・中期・後期)によっては、

使えないものがあります。

アロマオイルについている説明書をよく読んで、

慎重に使用してください。

塩風呂アレンジ

塩+重曹

重曹は炭酸水素カルシウムという成分が含まれています。

これは天然の温泉にも含まれている成分です。

(効果:肌の保湿効果や体臭予防)

【レシピ】

塩ひとつかみ

重曹1/2カップ

 

塩+日本酒

日本酒に含まれているアルコールは

皮膚に直接作用、末梢の血流を良くします。

塩と組み合わせると冷え性の改善もできます。

肩こりや腰痛の改善、

美白やシミ、そばかすを減らす効果もあります。

【レシピ】

塩ひとつかみ

日本酒コップ1~2杯

注意

合成酒ではなく清酒を使ってください。

 

試してみました!

【用意したもの】

酒一合(180cc)

あら塩 100グラム

 

お風呂に直接投入しました。

お酒の量が少ない(コップ一杯くらい)せいか、

あまり匂いなど、気にならないです。

ちょっと肌がつるっとしたような?

塩+ヨーグルト

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は

肌荒れなどのトラブルを解消し、

アンチエイジングの効果もあるそうです。

塩には乳酸菌の働きを助ける作用があるので、

塩とヨーグルトを合わせることで

美肌や健康効果がアップします。

【レシピ】

塩ひとつかみ

ヨーグルト400~500g

 

試してみました!

【用意したもの】

塩(ひとつかみ)

ヨーグルト 400グラム

 

ヨーグルトに塩をどばっと入れます。

混ぜます。

お湯に塩と混ざったヨーグルトを投入。

よく混ぜたんですが、

ヨーグルトの粒が少し残っています。

ヨーグルトはそのままお湯に入れると

分離してしまうそうです。

ということで、よく混ぜてからお風呂に入れました。

それでも、少し分離しました。

匂いは、あまり気にならないレベル。

ほのかにヨーグルトっぽい匂いがします。

お湯に浸かっていると、肌がぬるっとしました。

これが、しっとりしたってことなのかな?

始めは、ヨーグルトをお風呂に!?ありえない。

そんな先入観がありました。

でもやってみると意外と、良い感じです。

余って、賞味期限が切れてしまったヨーグルトがあったら、

お風呂に入れてみるのも良いかもしれません。

ヨーグルト風呂に入ったときは、

お風呂から出たら、体はシャワーで流して、

湯船もお湯を捨てて良く洗って下さい。

そうしないと、後が大変なことになりそうです。

(カビが発生したりなど…)

運を知って、幸せになろう!

まず、自分から!幸運の渦を広げていこう!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

のんびりマイペース。 大好きなことを仕事にして、豊かに自由に生きたい! そう思いながらいつしか40代になりました。 育児に専念した主婦時代を経て、 これからは自立して生きていきたいです。 失敗もある。 泣く日も。 壁の前で、途方に暮れる日もある。 それでも、最後には笑って仲間と共に歩んでいける未来へ向かって。 好奇心を持って、日々トライしたこと。 失敗したこと。 工夫。 日々のあれこれについて書いていきます。 一度しかない人生、今を楽しんで生きていきましょう。 (^-^)