水野南北の開運の極意

本を読みました。

だまってすわれば―観相師・水野南北一代 (新潮文庫)

中古価格
¥750から
(2018/7/21 15:01時点)

あらすじ

江戸時代後期に、大坂で独自の観相学をつくりあげた、水野南北。

その波乱万丈な一生の伝記小説です。

 

いや~、こんな面白い人が、本当に実在したんですね。

この本も、登場人物がいきいきと描かれていて、つい話にひきこまれます。

 

水野南北は、大坂で、一人前になりきれないハンパやくざでした。

5歳の頃に両親をなくし、鍵職人の叔父に引き取られます。

けれど、10歳のときに酒の味をおぼえ、グレはじめました。

不良仲間を使っての恐喝や強盗、あくどい示談屋などで荒稼ぎ。

牢屋敷に一年間投獄されたこともあります。

ところが、ある乞食坊主から顔に死相が出ていると言われ、出家。

でも、乞食坊主との再会をキッカケに、そのもとに弟子入りします。

 

そして、師匠の水野海常から

水野南北(もともとの名前は、熊太)の名前をもらい、修行の旅に出ます。

それから諸国を転々としながら、苦しい旅をします。

大坂に戻ってからは、相法の修行のため、

人の顔を眺めることのできる髪結床で3年、

裸の人間を見るために風呂屋の下働き、

死顔の研究のために千日墓所の火葬場にもぐりこみます。

こうした末に、南北は観相師として”相師”の看板を上げます。

千人、万人を実際に見てきたことをもとにした南北の相法は、

「黙って座れば、ぴたりと当たる」と評判に。

そして客とともに、弟子入りする門人の数も急激に増えていきます。

天保5年(1834年)、南北は78歳であの世へ旅立ちます。

 

南北の相法の優れているところは、

当てる相法を超えて、食物によって

その人相、運命を変えることができるとしたところです。

南北の「慎食」の思想

南北はこう言っています。

「美味を多く喰らい、あるいは大食をする者は、

皆濁肉となって生涯出世発達なし。

それ、大食をなし満腹の後は、身重くなり自ら眠気さす。

覚めて身だるく面重くなる。

分限より大食をなす者、皆濁肉となり生涯事をなさず」

 

「禍を福に転ずるの道は食に在り」

 

「天禄には限りがある。

これを大食する時は天に借りを生じ、

これを返さずば己に禍を受く」

 

「にんげん生涯の吉凶ことごとく食より起る。

つねに大食暴食の者は、

たとえ相貌大いによろしくても、身上治まりがたい。

貧者は次第に窮するし、

相応の福ある人ならば家を損じる」

 

「分限より粗食する者は、

たとえ貧弱の相であっても福寿をつかさどる。

が、粗食とはいえ大食で定まりのないものは大凶である」

 

「酒肉を多く摂る者は、皮膚も肉も締らず、

血は濁り、骨はもろくなり、心気ゆるみ、

意識おのずから増長し、ついには悪心を生じるものである」

 

「……然れば、食は命を養うの根源、

恐るべきは食なり。慎むべきは食なり。嗚呼、食たり」

まとめ

まとめると、

生まれ持った運が良い人でも、

美味美食、大食いをしていると、運を使い果たし、

人生パッとしなくなる。

逆に、生まれ持った運が大して良くない人でも、

身を慎み、食を慎み、

粗食小食を守ると、運が開ける。

実際にやってみた!

うーん。

この食べ物があふれている現代、

粗食小食を守るのは、なかなか厳しいです。

街を歩けば、誘惑があふれています。

とはいえ、私も40代。

以前と同じように食べていると、

体重が……!!

試しに、食事を見直してみました。

 

糖質(炭水化物:ごはんなど):一日2食まで。量も減らしました。

(例:朝・昼、もしくは昼だけ)

(夕食は、おかずと味噌汁のみ)

 

飲み物:なるべく無糖のものに。

麦茶、ブラックコーヒー、白湯、炭酸水(無糖・レモンの風味がついたもの)

 

おやつ:基本食べない。

どうしても食べたいときは、朝~昼の間に、少しだけ。

(例:チョコレート2かけら)

お腹がすいたときは、”ソイジョイ”を1本食べています。

 

:食べています。

でも、以前みたいに毎日食べるのはやめて、

魚を食べる日を増やしました。

 

2週間続けてみて。

今のところ、体重は変わらないです。

ただ、わかったこと。

食べないと、私は恐怖が出てきます。

 

朝ごはん、しっかり食べないと、

一日もたないんじゃないかな?うわぁー。

 

お腹すいた。

食べないと、死んじゃうかもー!?

もう、動けないよー!!!

いやいやいや。

死にません、きっと。

1食や2食抜いたくらいじゃ。

それに、量を減らしただけだし。

でも、体に染みついた、根強い食べ物への恐怖があるんだなー、

そう始めて知りました。

もうしばらく、試行錯誤しながら試してみます。

身体と気持ちの変化があるのかな?

運を知って、幸せになろう!

まず、自分から!幸運の渦を広げていこう!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

のんびりマイペース。 大好きなことを仕事にして、豊かに自由に生きたい! そう思いながらいつしか40代になりました。 育児に専念した主婦時代を経て、 これからは自立して生きていきたいです。 失敗もある。 泣く日も。 壁の前で、途方に暮れる日もある。 それでも、最後には笑って仲間と共に歩んでいける未来へ向かって。 好奇心を持って、日々トライしたこと。 失敗したこと。 工夫。 日々のあれこれについて書いていきます。 一度しかない人生、今を楽しんで生きていきましょう。 (^-^)