楽に成功!

楽して成功したいな~…。

そう思っていませんか?

まさに私がそうでした。

 

偶然大きな幸運に恵まれて、

成功も豊かさもやってくればいいなぁー。

『棚からぼたもち』や『眠り姫』のようにある日突然、事故に遭うように。

※ここで、ことばの簡単な説明を。

棚から牡丹餅(ぼたもち)

棚から牡丹餅とは、思いがけない幸運が舞い込むことのたとえ。

(出典:棚から牡丹餅【故事ことわざ辞典】)

 

「眠り姫」(「眠れる森の美女」)

あらすじ

ある王国に、可愛い女の赤ちゃんが生まれます。

姫が生まれたお祝いに、国に住んでいる魔女を招待する予定でした。

魔女は全部で13人。

もてなすための金のお皿は、12枚しかなかったため、魔女は12人しか招かれませんでした。

11人の魔女は、お祝いに、お姫様にやさしい心や美しさ、賢さなどを、それぞれ一つずつ贈ります。

その時。

13人目の魔女が、自分が呼ばれなかったことに怒り狂い、城にやって来て、姫に呪いをかけました。

「姫は、15歳の時につむに刺されて死ぬだろう」。

その呪いはとても強く、他の魔女たちにはそれを解くことはできません。

けれども、まだ残っていた12番目の魔女が、最後にその呪いを弱める贈り物をします。

「姫は死ぬのではなく、100年の眠りにつくでしょう」。

お姫様は成長し、15歳になります。

ある日、お姫様がひとりで塔を登っていくと、

おばあさんがつむを使って糸を紡いでいます。

つむを見たことがなかったお姫様が、おばあさんに近づくと、

つむはお姫様の指を刺し、姫は深い眠りにつきます。

そして、城中が同時に眠りこみます。

城は、いばらで覆われ、だれもお姫様に近づくことができません。

それから100年。

ある日、王子様がやってきました。

王子様は、眠り込んだ姫を見つけ、あまりの美しさにキスをします。

するとお姫様が目を覚ましました。

姫が、100年の眠りから目覚めたのです

同時に、今まで眠り込んでいた城中が、目覚め動き始めます。

その後、王子様とお姫様は結婚し、ずっと幸せに暮らしました。

成功者は、苦労を語らない

成功した人って、苦労をあまり語りたがりません。

成功は、現在の状態です。

過去に、下積みですごく努力したこととか、

泥にまみれてかっこ悪くがんばったこととか、

結構あったりします。

でも、人って忘れる生き物です。

そこを経て、今があるとしても、

今が良かったら、だんだん過去の苦しかったことは忘れてしまう。

または、単純に かっこ悪い自分は見せたくなかったりします。

そして、本やメディアの公の場所で語られるのは、

「いやー、運が良かっただけですよ」

「成功って、簡単です♪」

等。

それを見て、私たち凡人がうのみにしちゃ、いけないんです。

一部の生まれながらセンスがある天才だったら、

努力なしで成功していけるかもしれません。

が、普通の人は、やっぱりやることはやらないといけないんだな、

努力が必要な時期ってあるんだ、と身にしみて思うようになりました。

 

行動は大切です。

やりたいことにつながるような、

今やれることをやっていきましょう。

今を大切にしながら、

同時に未来のために積み上がる行動を始めていきましょう。

遠回りに見える、地道な努力が、

結局は一番近道だったりします。

運を知って、幸せになろう!

まず、自分から!幸運の渦を広げていこう!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

のんびりマイペース。 大好きなことを仕事にして、豊かに自由に生きたい! そう思いながらいつしか40代になりました。 育児に専念した主婦時代を経て、 これからは自立して生きていきたいです。 失敗もある。 泣く日も。 壁の前で、途方に暮れる日もある。 それでも、最後には笑って仲間と共に歩んでいける未来へ向かって。 好奇心を持って、日々トライしたこと。 失敗したこと。 工夫。 日々のあれこれについて書いていきます。 一度しかない人生、今を楽しんで生きていきましょう。 (^-^)