私は、小食を知って、

今、自分の体を実験台に実行しています。

 

小食を始めたキッカケは二つ。

「不食」の人の存在。

それから、健康診断でひっかかったこと。

 

始めは不食の本を読んで、

世の中には ほぼ食べずに何年も生きている人がいる。

しかも普通の社会人。

そんな人の存在を知り衝撃を受けました。

 一日青汁一杯だけで、何十年も生きている人。

 ほとんど何も口にしないで、

 でも社会的にも弁護士をされたりして

 ちゃんと生きられている方。

そういう方のことを、食べ物を食べないから「不食」と呼ぶそうです。

ただ、知識として知っただけで、

なかなか実行はできないまま時間が過ぎていき。

そして、またキッカケになったのが『健康診断』。

不健康な生活をずっと続けて40代に突入。

そうしたら、健康診断でひっかかりました。

 貧血。

 悪玉コレステロール。

 尿酸値。

 血糖値(始めは糖尿病のボーダーラインでした)

今のまま生活を続けていくと、

早死にするかもしれない。

危険を感じ、生活を見直すことにしました。

小食の有名人

世の中には、小食を実行することで、

健康と若さを保っている有名人もいます。

ビートたけし

(「週刊ポスト」2013年7月12日号)

「オイラは一日一食しか食べないよ。朝は野菜ジュースだけ」

「朝起きたらまず、野菜ジュースをタップリ飲んで、その後は晩飯まで何も食わない」

「軍団のヤツラやら、付き人を連れて焼き肉を食いにいくこともあるけど、

オイラは肉をサンチュに巻いてちょこちょこ食って終わりだよ」

「まァオイラは自分のリズムに合うからってことで1日1食にしている……」。

タモリ

(「笑っていいとも!」内でのコメント)

「オレ、一日一食しか食べない」。

「夜8時を過ぎると一切、食べない」。

未唯mie

(タレント、ピンクレディー)

「ピンク・レディーの殺人スケジュールを乗り切ったのも、

今もミニでステージに立てるのも、1日1食のおかげ」

水谷豊

(インタビュー番組「徹子の部屋」)

若さの秘訣は「一日一食」。

京本政樹(俳優)

(「はなまるマーケット」2005年12月放送より)。

「一日一食で若い頃の体型を維持。いつでも美剣士ができる」

千葉真一(アクション俳優)

(「ニッカン現代」2014年7月26日)

驚異的な若さの秘密を尋ねられ、

「1つは、『食べないこと』、正確には1日1食しか食べない。

体を飢餓状態にすることで抗老化遺伝子といわれるサーチュイン遺伝子を目覚めさせ、

体の細胞を若返らせているんです」

GACKT(ミュージシャン)

「僕は1日1食しか食べない。だから食べ物には、ものすごくこだわる」

出典:芸能人の1日1食(大摩邇)

おすすめの本

『江戸時代の小食主義――水野南北『修身録』を読み解く』若井 朝彦

水野南北が一貫して推奨するのが、小食・粗食。

食にさえ正しく留意すれば、

立身出世、富、運気、人との関係など、

すべてがうまくいくと南北は考えました。

『不食という生き方』 秋山佳胤

食べないほうが、病気にならない。心も体も元気になる。

8年間、不食を実践している弁護士による、人生の知恵です。

『食べない、死なない、争わない』 稲葉耶季

裁判所で判事を務めるかたわら、

ヒマラヤで学校づくりに奔走し、現在は尼僧。

「食べないほうが、心と体にとってどれだけらくで、

どれだけ多くの幸福をもたらすことを知ること」

実践してみた

私の一日の食生活 公開!

朝食:白湯 コップ1杯

   コーヒー(無糖・ミルク少し) コップ1杯

   味噌汁 1杯

昼食:(※普通に食べます)

   キーマカレー 1皿

   ゆで卵 1個

   麦茶 コップ1~2杯

   スイカ

間食:ソイジョイ1本(お腹がすいたので)

夕食:(※炭水化物(米)抜きで、おかずだけ)

   マーボーナス

   冷ややっこ

   きゅうりの漬物

   味噌汁

   炭酸水(無糖) コップ1杯

   麦茶 コップ1杯

 

これは、本当に一例です。

いろいろなバリエーションがあります。

朝食も、甘酒を飲んだり、

野菜ジュースだったり。

朝は、抜いた方がいいのかもしれませんね。

でも、私は空腹で動けなくなるのが心配で、

何か軽く食べています。

一日に2回ご飯を食べるときも。

結構食べてます。

以前に比べると、これでも食べる量が減りました。

前はしっかり3食、ご飯もおかずも、

そのほかにも ちょこちょこ甘いものを 食べてました。

今でもたまに、家族につられて、

朝食にご飯も食べることがあり。

その後、すごく身体が重い!

「あぁ~、朝食はあまり食べない方が、楽だな」

と実感。

食べる量を減らした方がいいのは、人によるんじゃないでしょうか。

子どもや、重労働の肉体を使う生活をしている人は、

そんなに減らさなくていいと思います。

小食で実感したメリット

(始めてから1カ月経過)

食費が浮く

食べる量が減ったので、その分食費も減ります。

体調がいい

とにかく身体が軽い!

身体が軽いと、気持ちも上がります。

痩せる

体重が、3キロほど痩せました。

痩せたほうが、調子がいいです。

「腹八分で医者いらず」

屋久島に屋久杉があります。

屋久杉は、千年生きてきたものもあるそうです。

なぜ屋久杉は樹齢1000年を越えることができるのか?

屋久島は火山の島なので、マグマが冷えて固まった花崗岩で作られています。

そのため、土壌には栄養分が少なく痩せている。

でも、「痩せている土地だから杉が大きく育つ」。

地元の人々はそう言います。

また老化に関する研究を行っている「アメリカ国立老化研究所」でも

同様の事実が確認。

研究の結果、

どの生き物でも腹十二分に食べさせたものが、

最も早く老けて、最も早く死に、

逆に腹八分、腹六分と少なくした方が、

より若く、より長く生きる

ことが明らかになっています。

出典:一日二食・一日一食の少食ライフで健康を

神への祈りをかなえる法

最後に

水野南北が教えている「神への祈りをかなえる法」を紹介します。

 

「真心を込めて祈らなければ、神は感知してくれない。

真心をもって祈るとは、自分の命を神に献じることである。

そして、食は、自分の命を養う基本である。

これを神に献じるということは、

自分の命を献じるのと同じことである。

どうするかというと、いつもご飯を三膳食べる人なら、

2膳だけにしておいて、1膳を神に献じる。

といっても、本当に1膳分を神棚にお供えする必要はなく、

心の中で念じれば良い。

自分が祈りをささげたい神仏を思い浮かべて、

『三膳のうち、一膳を捧げ奉ります』という。

そして、自分で2膳食べると、その一膳は神が受け取ってくれる。

それを、自分の十分に食べて、

そのうえで神仏に上等な食を献じても、神仏は喜ばれない。

自分が我慢して献じる。その真心を受けてくれるからである。

菓子でもおかずでもなんでも、

3つ食べたいときは2つにしておいて、

我慢した一つを神に捧げる。

食べるときいつでもそうするのである。

そうすれば、どんな願い事でもかなえられる。

小さな願い事なら一年で、

普通の願い事なら3年、

大望は、10年で、叶うのである」

出典:運が良くなる食事「人の運は小食にあり」~観相家 水野南北~

運を知って、幸せになろう!

まず、自分から!幸運の渦を広げていこう!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

のんびりマイペース。 大好きなことを仕事にして、豊かに自由に生きたい! そう思いながらいつしか40代になりました。 育児に専念した主婦時代を経て、 これからは自立して生きていきたいです。 失敗もある。 泣く日も。 壁の前で、途方に暮れる日もある。 それでも、最後には笑って仲間と共に歩んでいける未来へ向かって。 好奇心を持って、日々トライしたこと。 失敗したこと。 工夫。 日々のあれこれについて書いていきます。 一度しかない人生、今を楽しんで生きていきましょう。 (^-^)