実は、私は大失敗をしました。

 

よく見極めずに高額コンサルに飛び込み、

お金を吹っ飛ばしました。

その失敗から学んだことを書いてみます。

失敗したときのいつものパターン

私には、うまくいかない時、お決まりのパターンがありました。

失敗する

落ち込む

しばらく立ち直れない

(場合によっては、数カ月 立ち直れないでいる)

 

「私って、ダメだなあ…」

(自分を責める)

 

~のせいで、こうなんだ。だから…」

(まわりの誰かや環境のせいにする・責任転嫁)

一番の失敗は、何もしないこと

ベストセラー作家の本田健さんのセミナーで、

健さんがおっしゃっていました。

 

『何も行動しなければ、何も失敗しない。

けれど、何も学ぶことができない。

失敗したことは失敗じゃない。

うまくいかない方法がひとつわかっただけ』

 

そこで、目からウロコが落ちて。

失敗してもいいんですよね。

大事なのは、どれだけ早く

そこから立ち直ってきて、

また次に向かっていけるのか。

新しいことにチャレンジすれば、失敗するのは当たり前。

(やったことがないことだから)

 

一番の失敗は、失敗することじゃなくて、

失敗を恐れて何も行動しないこと

 

そこで、失敗への見方が変わりました。

 

新しいことをやってみる

失敗する

「ただいま成長中!」

私の大失敗

私は、お金で失敗をしました。

 

インターネットを通じて、

小さな出版社の作家を養成する講座に申し込んで。

お値段は結構高額。

ある日、わたしのところに一通のメールが届き。

それは、小さな出版社からのメールマガジン。

著者養成講座の募集でした。

 

文章には、

『受講いただく方全員の出版を目指します。

本気で出版したい方

自分をプロデュースしてほしい方

そんな方に受講して欲しい。

全くの初心者でも、大丈夫。

本が売れたら、印税がこのくらいの割合で入る。

何部くらい売れたらその時点で、

この養成講座の金額の半分は取り返すことができる』

と書かれていました。

そして、基本と個別の二本立ての講座になっていて。

私は、小さなころから、本が大好き。

だから、いつか自分でも本が出せたらいいなぁ、

とあこがれていて。

でも、本なんて書いたことがなく。

自信がない。

そんなど素人、未経験の自分でも、

一緒に励ましながら導いてくれる

トレーナーの様な人がいたら…。

 

イメージとしては、ライザップのコーチ。

ダイエットを目指す人を

叱咤激励してくれるトレーナーみたいな感じです。

コツコツパートで働いて、貯まった小金が銀行口座に。

そこで、考えて。

 

このお金を使って、自分に投資しよう。

そして、お金を大きく育てよう。

まわりの人にも貢献しよう。

そこで身についた技術や知恵は、次に役立つに違いない。

 

そして、その高額コンサルに飛び込みました。

結果は…惨敗。

 

あれ?あれあれ?

 

不安になる応対や出来事が続き。

期待した結果は得られない。

 

申し込んでから、実際にその社長さんに会ってもらったのは2回。

1対1のマンツーマンで、喫茶店で3時間くらい話を。

対面すると、社長さんはずっと黙って座っていて。

 

これは、何か話さなくちゃいけないのかな~

 

焦って、近況や自分のことをしゃべりました。

今になって思うのは、

 

もっと質問すれば良かったな

 

著者を育成する講座なんだから、

自分のことばかり話しても、しょーがない。

それから、メールで著者の心構えを話されている動画が、

2本くらい送られてきました。

そこも、疑問ポイント。

ホームページには、全18講座、と書かれていたのに。

実際に送られてきたのは、2~3の動画だけ。

 

1回目にあったときにちらっと聞くと、

社長さんは、

「人によって必要なことは違いますから」

とおっしゃられていました。

 

1回目から数カ月 間が空いて、2回目。

こちらからメールを送って、会ってもらいました。

今回は、お題を出され。

私の場合は、

「人生について、書いてください」

そう言われました。

ずっと、ろくに文章を書いてきたこともない。

書いたのは、学生時代の作文や読書感想文くらい。

文章の書き方、本の書き方を教わりたくて飛び込んだのに。

いきなりそんなこと言われても、困りますってば!

とはいえ、せっかく大金払ったんだから。

ここで投げ出すわけにいかない。

わからないなりに頑張って、人生について

1カ月ちょっとで書きあげて、メールで送りました。

 

そのあとは、メールで何回かやり取りがあったんですが。

いつも、返信が遅く、文章が短い。

だんだん不安がつのって大きくなっていきました。

もう、お金は払っちゃったんだから、

向こうとしては目的は果たしたわけです。

ここで、放り出されたら、おしまいだ。

忘れられないように、アピールしよう。

そう思って、近況報告のメールを出してみたりしました。

が、そのうち返信が来なくなり。

…終わりました。

 

あれ?もう終わり?

必ず出版を目指すんじゃなかったの?

途中で不安になって少し調べたところ、

その会社の社長さんは、(悪い意味で)すごい人でした。

会社の業績が悪くなり、

社員にはお給料が払えずに何か月も未払い。

社員は、ほとんど(社長以外ほぼ全員?)辞めていったそうです。

印刷会社などにも支払いができず、

何か月も借金を滞納しているそうで。

あれだけのお金の価値は、絶対無かった。

 

パッケージだけ豪華で素敵な

空箱のプレゼントみたいなものでした。

「素敵ー!」

そう思って、お金を払い。

開けてみたら、中身は空っぽ。

失敗から学んだこと

コンサルやコーチ、メンターを選ぶときは、

その人がどんな人なのか。

よーく見極めた方がいいです。

これは、絶対です。

 

完璧な人はなかなかいないけれど。

「最低限、ここは譲れない」ってラインを

自分の中ではっきりさせておいた方がいい。

 

個人的には、ここが大切だな、と思うポイントは、

信頼の置ける人なのか

人柄はどうか。

仕事ぶりはどうなのか。

その人は、何が得意で何が不得意なのか。

(仕事はできても、教えたり 人を育てるのは下手な人っていたりします)

自分の欲しい結果を出しているのか。

また、できたら家庭やパートナーとの仲が良好な人。

人間関係がちゃんとしている人の方がいいです。

(そういう人は、精神的に安定している方が多く、

後々の変なトラブルを前もって防げる可能性が高くなります)

できたら、自分がその人のことを、

人間として 好きだ、好感が持てる、と思える人。

学校にいた時、好きな先生の教科って、

成績が伸びたりしなかったですか。

人間なので、やっぱり相性があります。

好きだと思える人だと、良く耳にも入ってくるし、身につきやすいです。

逆もまた、あります。

私は、相手を見極めずに

コンサルに飛び込んで大火傷しました。

 

人は、痛い思いをしないとなかなか学ぶことができないものです。

(賢い人は、自分じゃなくて、人の失敗から学びますが)

 

今回の失敗は、とても痛かったです。

そこから学んだことは、

人を見極める目を持つ

一朝一夕には身につかないんですが、

普段から意識して人間観察をし、

経験を積むことでだんだん目が磨かれてきます。

自分に今必要な情報は何かを判断し、

選ぶことができる力を身につける

行動する

(妄想もいいけど、考えてるだけじゃ何も起こらないことが多い)

(かといって、やみくもに行動するのも違う)

素直さ。

質問する力。

相手のすばらしさ、知恵を引き出すために、

いかに自分がいい質問ができるのか。

それが大事だと感じました。

本当に賢い、すごい人って、むやみやたらに

べらべら 自分の知識をしゃべったりしないです。

それを教えていただくためには、質問する力が必要です。

 

他にもあるかもしれませんが、

最低でもこれは必要だ、と身にしみています。

ユーチューブ紹介

元気がなくなったとき、

自分なんて…

そう思って人生がイヤになったとき、

おすすめの動画があります (^-^)

運を知って、幸せになろう!

まず、自分から!幸運の渦を広げていこう!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

のんびりマイペース。 大好きなことを仕事にして、豊かに自由に生きたい! そう思いながらいつしか40代になりました。 育児に専念した主婦時代を経て、 これからは自立して生きていきたいです。 失敗もある。 泣く日も。 壁の前で、途方に暮れる日もある。 それでも、最後には笑って仲間と共に歩んでいける未来へ向かって。 好奇心を持って、日々トライしたこと。 失敗したこと。 工夫。 日々のあれこれについて書いていきます。 一度しかない人生、今を楽しんで生きていきましょう。 (^-^)