夢や願望を叶えたい。

叶えた人は、どうやって実現したんでしょうか。

今活躍している一流の人は、

子どものころすでに、大きな夢を描いて、

その実現に向けてやるべきことをやっていました。

ここにヒントがありそうです。

そうなる前に、しっかり、なりたい状態を思い描いて

なりきって、そのために必要な行動をする。

ポイントは、成功した人は、

成功する前に成功していた!

(イメージの中で)です。

本田圭佑(サッカー)

世界一のサッカー選手になる

(出典:attrip)

小学生時代、卒業文集に

「世界一のサッカー選手になる」

と書いていたそうです。

サッカーを始めたのは小学2年の時。

中学進学後はガンバ大阪ジュニアユースに所属していましたが、

当時は後に日本代表にも選ばれる優れた選手ががそろっていて、

本田選手はあまり注目されていませんでした。

学生時代は凡庸な選手と言われた本田選手。

でもあきらめず努力を続け、一流の選手になりました。

 

「将来の夢」

ぼくは大人になったら、

世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。

世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。

だから、今、ぼくはガンバッている。

今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。

そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。

Wカップで有名になって、

ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。

そしてレギュラーになって10番で活躍します。

一年間の給料は40億円はほしいです。

プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、

世界中の人が、このぼくが作った

スパイクやジャンバーを買っていってくれることを夢みている。

一方、世界中のみんなが注目し、

世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。

セリエAで活躍しているぼくは、

日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。

ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。

この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、

いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。

(出典:本田圭佑の卒業文集)

 

イチロー(鈴木一朗)(野球)

一流のプロ野球選手になる

(出典:netgreek)

野球のイチロー選手も 小学校の卒業文集に

プロ野球選手になる事、

それに必要な練習を

細かく書いていました。

 

僕の夢

ぼくの夢は、一流のプロ野球選手になることです。

そのためには、中学、高校でも全国大会へ出て、

活躍しなければなりません。

活躍できるようになるには、練習が必要です。

ぼくは、その練習にはじしんがあります。

ぼくは3才の時から練習を始めています。

3才~7才までは、半年位やっていましたが、

3年生の時から今までは、

365日中、360日は、はげしい練習をやっています。

だから一週間中、友達と遊べる時間は、5時間~6時間の間です。

そんなに練習をやっているんだから、

必ずプロ野球の選手になれると思います。

そして、中学、高校で活躍して

高校を卒業してからプロに入団するつもりです。

そして、その球団は、中日ドラゴンズか、西武ライオンズが夢です。

(出典:NAVERまとめ)

 

石川遼(ゴルフ)

世界一強くて、世界一好かれる選手になりたい

(出典:netgeek)

 

『将来の自分』

二年後…中学二年生、日本アマチュア選手権出場。

三年後…中学三年生、日本アマチュア選手権(日本アマ)ベスト8。

四年後…高校一年生、日本アマ優勝、プロのトーナメントでも勝つ。

六年後…高校三年生、日本で一番大きいトーナメント、日本オープン優勝。

八年後…二十歳、アメリカに行って世界一大きいトーナメント、マスターズ優勝。

これを目標にしてがんばります。

最後のマスターズ優勝はぼくの夢です。

それも二回勝ちたいです。

みんな(ライバル)の夢もぼくと同じだと思います。

でも、ぼくは二回勝ちたいので、みんなの倍の練習が必要です。

みんなが一生懸命練習をしているなら、

ぼくはその二倍、一生懸命練習をやらないとだめです。

ぼくはプロゴルファーになって全くの無名だったら、

「もっとあのときにこうしていれば…」とか

後悔しないようにゴルフをやっていこうと思います。

ぼくの将来の夢はプロゴルファーの世界一だけど、

世界一強くて、世界一好かれる選手になりたいです。

(出典:NAVERまとめ)

 

ナインティーナイン 矢部浩之(お笑い)

ナインティナインがお笑い界の帝王となる

(出典:netgeek)

どうもこんにちは!ナインティナインです。

現在、ベイブルースの2つくらい下に位置しています。

そのうち取り敢えずベイブルースの位置を頂きます。

そして二丁目劇場を仕切って、ダウンタウンの位置を頂きます。

それから東京に進出して、とんねるずの位置を頂きます。

そしてエレベーター式に、たけしの位置を頂くと同時に、欽ちゃんはその時点で怯えています。

その結果、私たちナインティナインがお笑い界の帝王となるのです

(出典:NAVERまとめ)

 

夢をサクッと叶えるために

自分の叶えたい夢を実現するために 大切なことは、

 

1・決める

自分がどうなりたいのか、本当に欲しいものは何かを知る。

(自分に訊く)

(体に訊いて、感じる)

そして、そうなる、と決める。

 

2・選ぶ(すでにそうなる)

そうなっていることを選ぶ。

(紙に書いた方がいい人は、紙に書きだす)

そうなったら、どんな感じかな。

どんなふうに行動するかな。

どう考えるかな。

この状況で、どう反応するかな。

なるべく詳細にイメージしてみる。

そうなった状態を感じてみて、なりきって浸る。

 

3・行動する

今できる最善のこと、

今一番したいこと、

ホッとする心地よいことを

一つずつやっていく。

でも、この夢や目標を叶えるために

やっておいた方が得だな、と頭で考えても、

身体がイヤな感じ

(こわばったり、

そのことを考えると重くなったり、

気が進まないな~と感じたり)だったら、

その時はなるべく無理しない。

可能な限り、やりたくないことはしない。

自分に正直になる。

同時に、逆説的だけど、

夢のためにそれが本当にするべきことだったら、

やりたくないな~、メンドクサイな~。

と思うことでも、やる。

やるハードルを下げる工夫をする。

それをやらないことで、(未来に)失うものは何か、考えてみる。

 

おすすめ本★1%の運の開き方

特に心を動かされたのが、次のフレーズ。

すべてのことに共通点があり、

実際にそうなる前から、そうなることが 決まっています。

「決まっている」と言うと、

「 自分では 運命を変えられないのか」

思われるかもしれませんが、そうではありません。

「自分で決められるのに 決めていない」人が多いのです。

まず、 自分がどうなりたいか という イメージを作る。

そして、 そうなっていくようにする。  

このことが、本当に大事です。

他にも、

《幸せなお金持ちになるためにして欲しい6つの習慣》や、

《幸せなお金持ちの共通点》など。

年間2千人以上の人を占って、

たくさんの人に出会ってきたからこそ分かった

お金持ちの共通点がとても面白いです。

おすすめ本★夢があっさりかなう方法

今、引き寄せの法則って、ちまたで結構有名です。

引き寄せる、っていうと、

欲しいものを念力みたいに思いの力で引き寄せる…

そんなイメージ。

でも、この本の著者、はせくらみゆきさんによると、

ただ、それを選ぶだけ

ここが良かった!

夢を あっさりかなえるには、

まず この夢のかなっている世界に行くと決めること、

そして 夢のかなっている世界を 生きればいいのです。

次の瞬間をよいものにしたい と思えば、

いま、ここに心をこめる こと。

いま、この瞬間にベストだと思う行動を

淡々とやっていくこと です。

いま やっていることと ひとつになって、

喜びながら それをすることが 大事なのです。  

ここで 誤解されがちなのが、

「 いま、この瞬間に ベストだと思う行動」というのは、

夢に直結する行動ばかりとは限らない ことです。

この本を書かれたとき、

著者は、50代ですが、ほとんどの夢を叶えてきたそうです。

そして、宇宙から教わった、

夢をあっさり叶える秘訣を惜しみなく教えてくれています。

運を知って、幸せになろう!

まず、自分から!幸運の渦を広げていこう!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

のんびりマイペース。 大好きなことを仕事にして、豊かに自由に生きたい! そう思いながらいつしか40代になりました。 育児に専念した主婦時代を経て、 これからは自立して生きていきたいです。 失敗もある。 泣く日も。 壁の前で、途方に暮れる日もある。 それでも、最後には笑って仲間と共に歩んでいける未来へ向かって。 好奇心を持って、日々トライしたこと。 失敗したこと。 工夫。 日々のあれこれについて書いていきます。 一度しかない人生、今を楽しんで生きていきましょう。 (^-^)