ブログを始めたキッカケ

なぜブログを始めたのか

今日は、ブログを始めたきっかけについて書いてみます。

なぜ、ブログを始めたのか。

ブログを書く目的については、以前書きました。

ブログを書く目的

 

ところで、断捨離って、しばらく前に結構、ブームになっていたのをご存知ですか?

断捨離は、やましたひでこさんが始めました。

断捨離は、ヨガの思想、哲学からきている考え方なんだそうです。

家の中にある、いらないものやがらくたを捨てたり、手放していくことで、人生が良い方に変わっていく!

ちゃんとやった人は、ミラクルな効果が出てくる、すごいものなんだそうです。

恋人ができたり、人間関係が好転したり、素敵な偶然が増えたり、仕事が てきぱき できるようになったり・・。

すごいです!!

わたしは、この断捨離に一時期はまって、関係する本をたくさん読んで、たくさん物を捨てました。

本だけでは、足りなくて、情報を求めて、インターネットで調べていると・・。

断捨離や、ミニマリストさん(断捨離をもっと極めていった人)の書かれたブログが たくさんあるじゃないですか!

 

当時、感銘を受けたブログ

エコなセイカツ

うらうらな日々。

cozy-nest 小さく整う暮らし

筆子ジャーナル

 

楽しく、その記事を読んでいるうちに、だんだん、

もしかして。もしかして、これって、私にもできるんじゃない・・?

できるかどうか、わからないけど、書いてみたいなあ。楽しそう。文章書くの、好きだし。

って気持ちが、むくむくとわき上がってきました。

 

子育ても、少し落ち着いてきたのも、大きいです。

今まで、子育てにどっぷりと はまって、パートの仕事も始め、いっぱいいっぱいで、アップアップしていました。

子育て、って、その中にいるときは、それが永遠に続くような気がするんですが(私はそうでした)、普通は、必ず終わりが来るんですよね。

気がついたら、上の子は、大学生になり、下の子は、高校生になっていました。

今までは、家族中心、家族優先でがんばってきたんだけど、これからは、自分のために生きていきたい。

自分の夢を叶えたり、自分らしく、楽しく生きてみたいなあ、と思うようになりました。

 

それから、また時間が立って、今年、2017年の2月に、はてなブログで、『のんびり、楽しく、手放して』っていうタイトルでブログを始めました。

書いたり、書かなかったり、ゆるゆると続けていたんですが、10月に、はてなブログの方は、閉鎖しました。

続けていると 段々にはアクセスも集まってくるようになるし、本当に少しですが、読者さんもついてくれて、反応があって楽しかったです。

でも、今は、1つに絞ってやっていくことにしました。

9月に、ワードプレスで作ったブログ(このブログです)も始め、両方やっていくのは、ちょっとやっぱり大変だなあ、と判断したので。

とはいっても、勢いで、「えいっ」と閉鎖したんですが、自分の一部を失ったような・・・。

グーグルサーチコンソールから、こんなメールが来ました。

(見つかりません)エラーを返す URL の数が著しく増加したことが Googlebot で検出されました。これはサービスの停止や設定エラーを示している可能性があり、その場合にはユーザーの利便性が低下していることになります。結果として、こうした URL は Google 検索結果には表示されなくなります。該当する URL が完全に存在していない場合は、特に何かしていただく必要はありません。

寂しいし、ちょっと迷う気持ちが今になって出てきています。

でも、もう手遅れやろー!! 閉鎖、しちゃったし。

この決断が、良かったのか、それとも、悪かったのか、わかりません。

でも、無理せず、毎日の生活と、今を大切にして、少しずつ、前に進んでいきたいです。

自分のことも、それから、これを読んでくれた、あなたのことも、応援しています。

人生が、幸せになっていきますように。






運を知って、幸せになろう!

まず、自分から!幸運の渦を広げていこう!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

のんびりマイペース。 大好きなことを仕事にして、豊かに自由に生きたい! そう思いながらいつしか40代になりました。 育児に専念した主婦時代を経て、 これからは自立して生きていきたいです。 失敗もある。 泣く日も。 壁の前で、途方に暮れる日もある。 それでも、最後には笑って仲間と共に歩んでいける未来へ向かって。 好奇心を持って、日々トライしたこと。 失敗したこと。 工夫。 日々のあれこれについて書いていきます。 一度しかない人生、今を楽しんで生きていきましょう。 (^-^)